リフォームでも高気密・高断熱『体感ハウス』の紹介

断熱リフォーム体感会

随時(予約制)


弊社社長の加藤が"体感ハウス"の概要を説明している動画です。(普段から作務衣を来ているわけではありません)

新築では当たり前になった「高気密・高断熱」がリフォームでも可能になりました。

・「建替え」か「リフォーム」か悩んでいる
・冬、暖房をしていても足元が寒い
・使っていない部屋がたくさんある
・結露が気になる
・リフォームで光熱費を安くしたい

そのような悩みや不満を解消する
「家の中に高気密・高断熱の家をつくる」
新発想のリフォーム『ハウスINハウス』で
新発田市城北町の築27年の住宅をリフォームしました。

もし、今住んでいる家が「寒い」と感じていて、将来「建て替え」「リフォーム」を考えているのであれば、"体感"しにお越しください。文字や写真、動画ではわからない、新築のように温度差の無い空間を感じていただけます。

体感ハウスでは、触れて感じていただくこと、そして工事の期間や工事の流れ、大まかな費用のご説明させていただきます。

体感ハウスの建物について
こちらの物件は、築27年の有名ハウスメーカー「ミ〇〇ホーム」の平屋の住宅です。
もともとの間取りはこんな感じです。
jyohoku-befor.jpg

以前住んでいた方は、とても丁寧に暮らしていたようです。
屋根や外壁の修繕工事や内部の床・畳も張替えがされていました。
また、リビングの掃き出し窓には内窓が設置してあり、寒さ対策もとっていたようでした。

27年前の建物なので、サッシのガラスはシングルガラスで、アルミの枠に通気(換気)のための穴が空いていました。
床や天井に断熱材も入っていましたが、現在の基準を満たし、夏・冬の快適さを実現できるものではありませんでした。

今回はシニア世代のリフォームで、このような要望を想定しました

  • 平屋で段差も温度もバリアフリー
  • モノをたくさん持たないシンプルな暮らし方をしたい
  • ホテルの広い部屋のような一つにつながった空間にする
  • 来客は親しい人だけ。プライベートを充実
  • 脱衣・風呂・トイレも温かいこと
  • なるべく無垢の木や自然素材を使いたい
  • 不要なところにお金をかけない

リフォーム施工後
リフォーム後の間取りはこちらです。
黄色で囲われている部分の床・壁・天井を断熱材で囲み、窓には内窓を設置しました。
jyohoku-after.jpg

今回の工事内容は下記の通りでした。

  • 風呂・トイレを移動
  • キッチンを移動
  • 断熱工事
  • 非断熱部分の内装(床・壁・天井の張替え)

工夫した点は、断熱区画の中は引き戸で仕切り一体感をだしました。また、LDK➡寝室➡洗面➡LDK➡・・・行き止まりがなく広々と感じるように回遊性を持たせました。

配置については、脱衣スペースを広く取り、洗濯物の室内干しができるように。もともと風呂・脱衣・トイレの場所はたっぷりの収納にしました。

実際に出来上がってみると、二人暮らしに充分の広さというか、"ちょうどいい"大きさに感じます。

施工前後の間取りの比較です。
元々玄関のわきにあった風呂・脱衣・トイレを和室だった場所に移動。
寝室と洗面・脱衣が繋がっているホテルのような間取りになりました。

jyouhoku-befor-after-heimen.jpg


使用した住設機器・仕上げについてです。

jyouhoku-after1.jpg住設機器
キッチン:タカラスタンダード(トレーシア)
ユニットバス:タカラスタンダード(レラージュライト)
洗面台:TOTO(ドレーナ)
トイレ:TOTO(GG)
換気:エアマイスター(LIXIL)仕上げ材
壁仕上げ:エッグウォールライト、エッグタイル(脱衣)
天井:米栂羽目板
床:オーク(ナラ)
内窓:MOKUサッシ(WOODONE)

体感会のお申込みについて

【日 時】随時
【会 場】 新発田市城北町3丁目7-4(下記の地図をご参照ください)
【申込み】完全予約制となります。下記の電話または、問合せフォームよりお申込みください。
【ご予約・お問合せ】
TEL:025-388-4445 MAIL:contact@hih-katou-gumi.com

Webからのご予約はお問合せフォームで来場ご希望の日時をご記入ください。
ご予約受付後に担当者よりご連絡をさせていただきます。

お申し込みはこちら
※当日のお申し込みはお電話にてお願いいたします。

Menu